No Distance No Border 世界から人を隔てる距離や壁が消える

技術面の予測によれば、5~10年の間にインターネットを介したビデオ会議がストレスゼロで可能になります。自宅に居ながら会社や得意先との打合せが可能になり、自動翻訳機を使えばドバイやジュネーブの人とも目の前にいるかのように会議できるようになるのです。

それは、意思さえあればいつでもどこでも誰とでも「会える」世界いわば、No Distance No Borderという、-人を隔てる距離や壁が無い世界です。最初は多忙な人から、徐々に多くの人がこの世界の住人になっていくでしょう。

No Distance No Borderな世界では、企業人が学校で授業をしたり、外国と日本の教育関係者が直に打合せをしたりと、企業と学校の壁、国境が消えます。世界のロボティクスのトップ研究者が毎週「会って」お茶やディスカッションすることだって簡単です。世界の大事件もリアルタイムで現地の状況を体験、共有できるようになれば、新聞・テレビや国際報道機関の役割も変容していくでしょう。

人を隔てる壁がなくなり、情報を止める壁が消えた世界。人が集まる「コミュニティ」や「報道」も、それ以外の多くのものの意味や内容も、変わらざるを得ないのです。

情報創発
新着記事 人気記事
子ども起業
おやこ起業
情報創発
新着記事 人気記事
子ども起業
おやこ起業